今日のさんご

いろんなことに出会う毎日。
好きなもの、キュンときたこと、気になるできごと。
ちょこっとだけ。
<< やればスッキリ窓ガラス | main | JSGサロンで美顔体験 >>

米麹と炊飯器で甘酒つくり

こないだ、

ぶらぶらお買い物中に、

旦那ちゃんが、

これが欲しいと。

(@_@)

米麹
喜代屋「米こうじ」

これは何ですか?

米麹?

わが家では、

とんとお目にかからないもの。

(塩麹とか)
(流行ってますけどね)
(手は出してない)

これを、

どうしたいの?

(゜o゜)

え?

甘酒?

(@_@)

・・・

私は、

甘酒って、

食べたことないんですよねー。

「酒」という時点で、

ぜんぜん興味ない。

「甘」という字も、

魅力はありません。

実家でも、
親戚まわりでも、
職場でも、
友人との会食でも、

甘酒を見たことはない。

(・_・)

でも、

旦那ちゃんは、

子どもの頃から飲んでいて、

今でも、

大好きなんだそうです。

(゜o゜)

(へえ)
(そうなのか)
(再婚7年)
(まだまだ謎多し)

で、

いろいろある市販の甘酒は、

アルコールが入ってるとか、

粒が少ないとか、

なんか気に入らないらしく。

(たぶん)
(生まれ育った)
(田舎の味が)
(食べたいのだろう)

(・_・)

米麹から作ってくれ、と。

(・o・)



ん?

食べたことない私が、

あなたのこだわりの甘酒を、

作るの?

と思ったのですが、

それでもいい、

作って欲しいというもんで、



作ってみましたよん。

('ω')ノ

・・・

作り方は、

一番かんたんだという、

「炊飯器の保温を使う」方法で。

-------レシピ--------
材料:
米麹 300g
水  300cc

準備:
炊飯器
ふきん(代わりにペーパータオル)
温度計

作り方:
70度くらいのお湯を用意
∧胴蹐砲湯を入れる
炊飯器に入れ「保温」で5時間放置
※温度は55〜60度をキープ
---------------

やってみました。

(*'ω'*)

まず、

米麹を300g計る。

甘酒

注ぎやすい容器に、
(サーバーなど)

70度くらいのお湯を準備。

甘酒

甘酒

そのうちの、

300ccを、

炊飯器の釜に入れる。

甘酒

これで少し、

温度が下がって、

だいたい60度くらいに。

そこに、

すかさず、

米麹を入れ、

甘酒

ちょちょいと混ぜる。

('ω')

そして、

炊飯器へセット。

甘酒

「保温モード」にするのを、

忘れずに。

甘酒

ふたをせず、

ぬらした布巾をかぶせる。

(と書いてあったけど)
(布巾がなかったので)
(ペーパータオルで代用)

甘酒

あとは、

5時間放置っ!

( `ー´)ノ

なんて簡単なんだ。

甘酒って、

こんなに簡単にできるのね。

(*´ω`*)

聞くところによると、

甘酒 = 飲む点滴

らしいですね。

(*'ω'*)

栄養満点で、

米麹と水だけでできているなんて。

(てっきり)
(アルコールとか入ってて)
(飲みにくいものだと)
(思っていた)

どんな味なんだろう。

旦那ちゃんが、

子どもの頃ずっと、

おやつとして楽しみに
していたっていうから、

ほっこり優しい飲み物なんだろな。

ふふふ。

できあがりが、

楽しみっ♪

( *´艸`)



とか思いながら、

2時間くらい経ったところで、

ちょいと、

覗いてみました。

パカッ。

甘酒

ん?

んん?

なんか、

香ばしい色。

ご飯みたい。

しかも、

おこげのように、

カピカピです。

(゜o゜)

ほんとにこれでいいの?

(甘酒を知らない私)

いやいやいや。

どう考えても、

どーう考えても、



おかしいでしょ!

(/・ω・)/



甘酒って飲むもの。

飲めませんこれ。

とろとろですらない。

(-。-)y-

失敗でした。

慌てて温度を確認すると、

甘酒

なんと、

70度近くある。

これだ。

温度が高すぎたんだ。

(゜o゜)

うーん。

保温モードの温度って、

調整できないが。

どうしたらいいんだ。

(・_・)




60度を超えると、

麹菌が、

死んじゃうんだそうです。

そうなのか。

55〜60度キープが、

絶対条件なんだ。

って、

そんなん、

難しすぎる。。

(ヨーグルトメーカーとか)
(そういうののほうが)
(いいかもしれない)

(´・ω・)

さて。

このカピカピの米麹。

どうしよう。

ダメもとで、

続けてみるかな。

(・o・)

ということで、

水を2倍に増やし、

甘酒

よくかき混ぜて、

甘酒

再度保温モードに。

('ω')

ただし、

今度は、

ずっと温度を計り、

甘酒

55〜60度に収まるよう、

だいたい30分置きに、

甘酒

保温ボタンを、

消したり、

甘酒

点けたり、

甘酒

(さすがに)
(めんどくさかったわ)

そして、

約4時間後。

甘酒

なんかちょっと、

柔らかくなってます。

(トロトロではない)

そして、

この頃になると、

な〜んかふんわり、

いい匂いが、

部屋中に。

( *´艸`)

おお、

もしかしてこれが、

昔懐かしの甘酒の匂いなのか?

旦那ちゃんは、

おう!これこれ!

と鼻をひくひくさせてます。

ヽ(^。^)ノ



食べてみた旦那ちゃんの感想は、

・味はよい
・子どもの頃の味だ
・でも少し芯が残っている
・もっと飲めるほどトロトロだった

らしいです。

芯が残っているのが、

一番気になるようでした。

(@_@)

やっぱね。

一回カピカピにしてるもんね。

(;^ω^)



これ以上は、

変身しないので、

このままタッパーに入れて、

甘酒

冷蔵庫へ。




旦那ちゃんが時々食べて、

数日後には、

なくなっていました。

(゜o゜)

きっと、

栄養はあると思うよ。

次は、

もうちょっと上手に作るからね。

(*´ω`*)




失敗の原因は、

水の量と、

保温の温度だな。

(*'ω'*)

別のレシピでは、

米麹と別に、

炊いたご飯を足すのも、

けっこう載ってました。




ぜひともリベンジして、

次は、

私も、

食べたい。。

(なぜか)
(私の口には)
(ひと口も入らなかった)

(・_・)




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ ¿Como estas? ( ^^) _旦~~
| さんご | | 18:02 | comments(0) | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

このページの先頭へ