今日のさんご

いろんなことに出会う毎日。
好きなもの、キュンときたこと、気になるできごと。
ちょこっとだけ。
<< 吉野家さん牛丼だけじゃないの | main | 暖かい小物でほっこり >>

懐かしくて新しい嘉穂劇場

福岡県飯塚市の、

嘉穂(かほ)劇場に、

行ってきました。

('ω')ノ

嘉穂劇場

嘉穂劇場は、

飯塚の名家伊藤家が、

昭和6年に作った演劇場です。

当時は、

筑豊の中心産業だった石炭炭鉱の、

労働者と家族の娯楽の場で、

歌舞伎、大衆演劇、歌手の公演などで、

賑わったそうです。

国の登録有形文化財。

今でも、

市川海老蔵歌舞伎や、

座長大会などが催される、

現役の芝居小屋なのです。

(@_@)

ずいぶん前から、

知ってはいたけど、

一度も来たことはなく。

(・_・)

やっと、

来てみたのでした。

( ̄▽ ̄)

・・・

中を見学できると聞き、

公演のない日に、

やってきたつもりですが、

なんと、

入口で買ったチケットに、

こんな文字が。

嘉穂劇場

ん?

筑豊マルシェ??

(゜o゜)

嘉穂劇場

地元の人たちの、

お店がずらり。

知らなかった。

たまたま、

そういう日だったのね。

(´・ω・)

というか、

こういう場所で、

マルシェとは。

現代とのコラボですね〜。

(*´ω`*)



残念ながら、

この日は、

マルシェを楽しむ時間がなく。

すたすたと、

舞台の見学へ。

( ̄▽ ̄)

嘉穂劇場

う、うーん。

舞台の上も、

お城の張りぼてと、

イタリアンコーヒー店のコラボ。

(@_@;)

(あちこちから)
(いかがですか〜)
(とか)
(にこやかに挨拶されて)
(戸惑う)

嘉穂劇場

うわっ!

Σ(・ω・ノ)ノ!

マルシェの装飾かと、

一瞬びびる。

(いやいや)
(舞台の小道具でした)

さらに舞台を、

うろうろしていると、

隅っこに、

嘉穂劇場

「奈落入口」の看板。

おお!

ここから、

奈落に行けるぞ!

('ω')ノ

(奈落の底って)
(ここからきてる)
(なんかものすごく)
(怖いイメージね)

さっそく、

嘉穂劇場

奈落へ落ちる旦那ちゃん。

( ̄▽ ̄)

私も、

続いて入る。

嘉穂劇場

奈落とは、

舞台・花道の床下。
廻り舞台・せりの仕掛けがある。
「地獄」の意味。

ここの奈落は、

こんな感じです。

嘉穂劇場

嘉穂劇場

柱が円型の板を支えています。

舞台の上から見ると、

嘉穂劇場

この部分ですね。

で、

この滑車を滑らせて、

嘉穂劇場

ぎりぎりぎりぎりと、

廻していくのですね。

(゜o゜)

(ぎりぎりと)
(と言ったものの)
(案外)
(スルーっと)
(動いたりして)

すごい舞台装置だわ。

(動かすところを)
(見てみたい)

(/・ω・)/

さて、

反対側へ向かうと、

嘉穂劇場

鳥屋道へと。

(@_@)

鳥屋道(とやみち)というは、

初めて聞いたわ。

こんな道です。

嘉穂劇場

低くて、

まっすぐな通路。

ここは、

花道の下だそうです。

つまり、

出演者がここを、

通って、

舞台袖まで来るんですね。

(*'ω'*)

考えたら、

当たり前だけど、

直に見ると、

面白い〜。

(*´ω`*)

・・・

資料や道具を、

展示した部屋もありました。

嘉穂劇場

昔のチケット。

往年のスターの顔がいっぱい。

藤山寛美、
高倉健、
竜達也、
八代亜紀、
千昌夫、

(みんなお若い)
(あ、失礼)

廊下には、

ポスターもいっぱいで、

こんな懐かしい顔も。

嘉穂劇場

大川橋蔵さん。

銭形平次、

リアルでテレビ見てた〜。

懐かしいー。

( *´艸`)

・・・

古いものを、

ずっと残すって、

大変なんだろうなぁ。

でも、

残っていてくれると、

その頃を思い出して、

幸せな気分になる人たちも、

いっぱいいます。

(*'ω'*)

嘉穂劇場さん、

ありがとうございます。




帰り口で、

もう一つ、

超懐かしいものを見つけました。

(・o・)

嘉穂劇場

ピンクの公衆電話です。

子どもの頃は、

(いやけっこう)
(大人になってからも)

当たり前のように、

使っていました。

嘉穂劇場

ここに10円を入れて。

そして、

ダイヤルを回す。

10円が、

ちゃりんと音を立てると、

通話が切れるので、

その前に、

手に握りしめた硬貨を、

慌てて追加して入れる。

「もう10円がなくなるから切るね!」
「バイバイ!」

って、

そんな会話も、

思い出します。

(*´ω`*)

もう、

回るダイヤルも、

ないですもんね〜。

懐かしいなあ。




ちなみに、

このピンクの電話、

まだ現役でした。

( *´艸`)

嘉穂劇場




古いものを受け継いで、

新しいイベントにも、

活用されて、

嘉穂劇場は、

たくましかった。




これからも、

頑張ってください。

(^−^)




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ Hasta la vista. (*'ω'*)
| さんご | | 17:02 | comments(0) | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ